外国語教育の未来:アクティブラーニングの資するもの


  1. 発表要項集広告のご案内 (5d)
    • 2017-06-19 (月) 18:08:58 by ozeki 差分
  2. LET2017概要 (5d)
    • 2017-06-19 (月) 18:08:47 by ozeki 差分
      • 賛助会員様へ:展示会場設営・搬入のご案内;発表要項集広告のご案内
  3. 賛助会員展示のご案内 (6d)
    • 2017-06-19 (月) 17:35:36 by ozeki 差分
      • 踊り場スペース:
        [添付]
      • 教室前の展示スペース:
        [添付]
      • 1階受付スペースより2F階段:
        [添付]
  4. 発表一覧 (14d)
    • 2017-06-11 (日) 15:55:29 by ozeki 差分

      発表一覧 anchor.png

      8月7日 (月)9:45-10:15304賛助会員プレゼンテーション新eラーニング、ALC NetAcademy NEXTの活用事例のご紹介
      株式会社アルク
  5. 岐阜女子大学 (16d)
    • 2017-06-09 (金) 12:23:11 by ozeki 差分

      岐阜女子大学 anchor.png

  6. ワークショップ時間割 (16d)
    • 2017-06-09 (金) 12:22:06 by ozeki 差分

      ワークショップ時間割 anchor.png

      • 有料です。(1コマ1,000円)
        • 参加登録締め切りは7月20日です。
          1限12:30-14:00Extensive Reading Basics: What and How
          Thomas E. Bieri (南山大学)
          ICTを活用したアクティブ・ラーニング型授業--アプリを用いたワークショップ--
          反田 任 (同志社中学校・高等学校)
          文部科学省作成の英語絵本2冊の活用法--3・4年生の外国語活動--
          清水 万里子 (岐阜女子大学)
          学習者コーパス研究入門:日本語学習者・英語学習者のL2産出をどう評価するか
          石川 慎一郎 (神戸大学)
          外国語教育研究者のためのベイズ統計入門
          草薙 邦広 (広島大学)
          質的研究の技法以前:研究デザインをどのように設計するか
          髙木 亜希子 (青山学院大学)
          2限14:20-15:50英語語彙指導で考えたいこと:語彙は増やして整理する
          森田 光宏 (広島大学)
          主体的・探究的な学びに結びつけるための協同学習
          金丸 紋子 (カリタス女子中学校・高等学校)
          生きる力を育む小学校英語の創造--岡崎市立本宿小学校の実践から--
          福田 貴子・内田 巧治・奥井 利香・高木 理人・荒木 美穂 (愛知県岡崎市立本宿小学校
          質問紙調査の基礎知識--準備・分析・活用をふまえて--
          今野 勝幸 (静岡理工科大学
          外国語教育研究における統計処理入門
          小島 ますみ (岐阜市立女子短期大学)
  7. ビデオクリップ (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:08:17 by ozeki 差分
  8. プレゼン (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:07:56 by ozeki 差分
  9. 度数分布 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:07:31 by ozeki 差分
  10. R (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:07:03 by ozeki 差分
  11. 統計解析 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:06:44 by ozeki 差分
  12. 発音指導 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:06:11 by ozeki 差分
  13. プロソディ (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:05:55 by ozeki 差分
  14. t検定 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:05:36 by ozeki 差分
  15. 信頼区間 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:05:15 by ozeki 差分
  16. 効果量 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:04:55 by ozeki 差分
  17. 相関分析 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:04:37 by ozeki 差分
  18. 記述統計 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:04:16 by ozeki 差分
  19. 推測統計 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:03:28 by ozeki 差分
  20. 量的データ (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:03:06 by ozeki 差分
  21. 質問紙 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:02:38 by ozeki 差分
  22. モジュール学習 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:02:14 by ozeki 差分
  23. All Engrish (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:01:54 by ozeki 差分
  24. 協同学習 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:01:33 by ozeki 差分
  25. 足場作り (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:01:13 by ozeki 差分
  26. 語彙指導 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:00:47 by ozeki 差分
  27. 語彙学習 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:00:30 by ozeki 差分
  28. エスノグラフィー (16d)
    • 2017-06-08 (木) 22:00:10 by ozeki 差分
  29. ナラティブ (16d)
    • 2017-06-08 (木) 21:59:52 by ozeki 差分
  30. 事例研究 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 21:59:32 by ozeki 差分
  31. 質的研究 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 21:59:15 by ozeki 差分
  32. ベイジアンネットワーク (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:36:25 by ozeki 差分
  33. 階層ベイズモデル (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:36:07 by ozeki 差分
  34. MCMC (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:35:48 by ozeki 差分
  35. 外国語教育研究者のためのベイズ統計入門 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:35:36 by ozeki 差分

      ベイズ統計と聞くと、それが不思議な魔法かなにかのように感じられる方が多いと思います。このように「ベイズは敷居が高い」と感じられるのは、外国語教育研究において、これまでその応用があまりなされてこなかった、ということにほかなりません。そこで、本ワークショップでは、外国語教育研究を題材とし、(a)ベイズ統計の原理とMCMC、(b)ベイズ因子、(c)階層ベイズモデル、(d)ベイジアンネットワークといったことについて、従来の分析法と比較しながらわかりやすくお話しします。

  36. ベイズ (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:34:56 by ozeki 差分
  37. 対照分析 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:34:39 by ozeki 差分
  38. 中間言語 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:34:23 by ozeki 差分
  39. 学習者コーパス (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:34:03 by ozeki 差分
  40. コーパス (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:33:33 by ozeki 差分
  41. ゲーム (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:33:14 by ozeki 差分
  42. 絵本 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:32:50 by ozeki 差分
  43. 小学校 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:32:29 by ozeki 差分
  44. 学習指導要領 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:32:06 by ozeki 差分
  45. スマートフォン (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:31:39 by ozeki 差分
  46. タブレット (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:31:12 by ozeki 差分
  47. SNS (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:30:53 by ozeki 差分
  48. アクティブ・ラーニング (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:30:26 by ozeki 差分
  49. 協働学習 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:30:06 by ozeki 差分
  50. 個別学習 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:29:45 by ozeki 差分
  51. ICT (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:29:23 by ozeki 差分
  52. 『英語教育新時代』に向けて (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:27:39 by ozeki 差分

      小中高の英語教育が大きく変わろうとしている。大学入学共通テストにおいても外部検定試験が活用される。この改革を成功させ、より円滑な高大接続と産学連携を図るために、大学教員が何をすべきなのかを考える。

  53. TED動画を使ったアクティブラーニングへの挑戦 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:26:16 by ozeki 差分

      プレゼン発表練習を取り入れた授業を想定したワークショップ。優れたプレゼンを副教材にして、導入から、個別練習を経て、発表会までを、動画を視聴しながら運営する。90分で収めるために必要な要件として、(1) 課題を絞る、たとえば身振りや抑揚、(2) 課題の手本となるビデオクリップ (10~20秒) を複数場面用意、(3) 一斉指導後の個別訓練を同じクリップで行い、(4) 最後に全員が順に発表する。手本クリップを手軽に選定できるウェブプレーヤーTalkiesを使う。手本を短くすることで、全員が発表しても10分以内に終了する。他に、スマホ活用、多言語対応にも触れる。

  54. Rを用いた外国語教育データの整理・要約 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:25:07 by ozeki 差分

      外国語教育の研究や実務において、手元にあるデータを整理・要約することは、データの有り様をわかりやすく伝える上で必要不可欠です。そこで本ワークショップでは、フリーの統計解析環境であるRを用いて、データの整理・要約の基本的な手法を習得することを目指します。まずRの導入を行い、その後、記述統計量 (平均や標準偏差など) の算出、度数分布図の作成などについて、解説・実習を行います。

  55. 授業に取り入れたい英語プロソディの指導 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:23:32 by ozeki 差分

      普段の授業の中で、プロソディは指導されていますか? 発音指導はしているが、個々の音を扱っているのみで、それ以外はちょっと…という方も多いかもしれません。本ワークショップでは、語強勢や文強勢、リズムにイントネーション、といったプロソディの各要素を一連の体系として指導することを提案します。中学校や大学での実践例を紹介しながら、授業内の諸活動にどうプロソディを統合的に取り入れるか、扱う際に注意するポイントを確認したいと思います。

  56. 外国語教育研究における統計処理入門 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:22:57 by ozeki 差分

      外国語の教育や研究において、テストや成績など量的データを扱う場面は多くありますが、「統計は苦手」という人も少なくありません。本ワークショップは、外国語の教育や研究で問題になりそうなデータを表計算ソフトで実際に分析しながら、推測統計の基本的な考え方を学びます。具体的には、記述統計、相関分析、効果量、信頼区間、t検定を扱い、それぞれの分析手法の仕組みや統計量の解釈の仕方、注意点等を学びます。

  57. 質問紙調査の基礎知識 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:22:02 by ozeki 差分

      英語教育学・応用言語学分野において、質問紙の利用は研究方法の1つとして広く認知されています。気軽に実施できる反面、分析結果からより有益な情報を得るためには、しっかりとした準備と、適切な方法による分析が大切です。そのような手順で得られる調査結果は、授業に活用することも可能です。このワークショップでは、質問紙による調査に興味がある人を対象に、初歩的な準備や分析、そして活用の方法について提案を行います。

  58. 生きる力を育む小学校英語の創造 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:21:39 by ozeki 差分

      平成19年度、岡崎市のパイロット校となってから約10年、All Engrishの英語活動の授業研究を続けています。本校の取組の中から、教科化に向けた事例や特別支援学級の英語活動の指導を含め、教室で即役立つ英語活動の授業体験や教材教具の紹介等を行います。また、岡崎市で取り組んでいるモジュール学習についてもご紹介したいと思います。

  59. 主体的・探究的な学びに結びつけるための協同学習 (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:20:53 by ozeki 差分

      主体的・探究的な学びの実現には、個人の取り組みだけでなく、仲間との協働が必要になる。仲間との取り組みを「深い学び」に繋げるために、教師は授業デザイン・活動デザインを行う際に、いかに「足場作り」に工夫をすることができるかが鍵となる。そのアプローチデザインの1つとして、協同学習の理論に触れる。また、実際に協同学習をベースとした実践活動をワークショップ形式で紹介する。

  60. 英語語彙指導で考えたいこと:語彙は増やして整理する (16d)
    • 2017-06-08 (木) 19:20:23 by ozeki 差分

      英単語を覚えることが苦手な学習者に何をしてあげることができるでしょうか。英語の語彙学習を学習者にまかせっきりにしていないでしょうか。本ワークショップでは、効果的な語彙指導について考え、語彙の扱いについての視野を少しでも広げていただくことを目的としています。主に、1)新出単語の導入、2)既知の語彙を整理する方法、を中心に語彙指導の理論と実践を紹介し、実際に活動を体験していただきます。


トップ   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom