外国語教育の未来:アクティブラーニングの資するもの


カテゴリー​/ワークショップ

外国語教育研究者のためのベイズ統計入門 anchor.png

Page Top

概要 anchor.png

ベイズ統計と聞くと、それが不思議な魔法かなにかのように感じられる方が多いと思います。このように「ベイズは敷居が高い」と感じられるのは、外国語教育研究において、これまでその応用があまりなされてこなかった、ということにほかなりません。そこで、本ワークショップでは、外国語教育研究を題材とし、(a)ベイズ統計の原理とMCMC、(b)ベイズ因子、(c)階層ベイズモデル、(d)ベイジアンネットワークといったことについて、従来の分析法と比較しながらわかりやすくお話しします。



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 299, today: 1, yesterday: 3
最終更新: 2017-06-08 (木) 19:35:36 (JST) (74d) by ozeki